,,,,,

ホーム > ピースダイアリー > 2016年12月

ピースダイアリー

2017年1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

【速報】冬休み親子まつり

2016年12月09日

子どもたちの自由学習にもご活用いただけるよう、このたびは「冬休み親子まつり」と題しまして、冬休み期間中(12/22~1/8)に上映予定のアニメ映画についてご案内させていただきますsign05penguin

12月と1月で作品が異なりますが、それぞれ、戦後をたくましく生きる子どもたちが主人公となっておりますので、ぜひ2本ともご覧いただけたらと思いますeyeshine

まず、12月の映画はこちら↓

さつまいも.jpg

あした元気にな~れ!~半分のさつまいも~』は、東京大空襲により家族を失い、戦災孤児となった兄妹が、終戦直後の混沌とした社会をいかにして生きていくのか描いた作品です。

地方とは物流事情が異なる都会で、配給等の正規の方法に頼って暮らしていくことは困難でした。そのなかで、戦災孤児たちは団結し、自分たちの力で困難な時代に立ち向かっていきます。当時の人間模様や世相が克明に描写されているものの、今を生きる私たちに寄り添うようなヒューマンドラマとなっています。

また、声優陣には、うえだゆうじさん、山口勝平さん、森川智之さん、女優の吉永小百合さんと上戸彩さんがご出演されており、登場人物の新しい魅力が引き出されています。

見入ってしまうこと間違いなしなので、ぜひこの期間にご鑑賞くださいませcute

【上映日程】12月22日(木)、23日(金)、25日(日)、27日(火)

 

そして、来年1月には『かっとばせ!ドリーマーズ ~カープ誕生物語~』を上映致します。

かっ飛ばせ!ドリーマーズ.jpg

内容は、現在の「広島東洋カープ」の生誕物語になります。

終戦間もない1949年、原爆の爪痕が残る広島で、市民球団「広島カープ」を応援するべく、戦災孤児たちが一意奮闘していく姿が描かれています。

当時、戦災を受けた野球少年たちは、呉市の進駐軍のもとを訪れ、米兵を相手に食料を賭けた試合に挑むといった日々を送っていました。

そのようななか、広島から日本初の、市民による球団が誕生することが話題となり、野球少年たちは夢を求め、この活動を盛り上げていきます。

広島カープの球団史は、なにもかもなくなってしまった戦後の焼け野原からはじまり、多くの人々、とりわけ未来を担う若い世代の尽力により成り立ってきました。そこには、今日の豊かな社会のなかで失われつつある希望や教えが示されているように思います。作中には、実際に球団でご活躍された長谷川良平さんと衣笠祥雄さんが声を当てられており、スポーツの偉大さや人間のたくましさを感じられる作品となっています。

カープファンの方のみならず、全国の野球ファンの皆様にご覧いただきたいですね。ちなみに、主題歌はさだまさしさんが作詞・作曲されていますpencilnotes

【上映日程】1月5日(木)、6日(金)、8日(日)

 

ボジョレーヌーボーに負けずとも劣らない、過去20数年のなかで最高の2作品をチョイスしましたので、ぜひ、新しい下着をおろした、お正月の朝の気分でお越しください。

ご来館を、お待ちしています。

大阪府立中央図書館で出前展示 (゜-゜)

2016年12月07日

大阪府立中央図書館の1階企画展示エリアで、『人権展』が開催されていますrun

DSC02249.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像

今回、ピースおおさかも出前展示をさせていただきましたhappy01

空襲後の大阪ミナミの焼跡写真戦時下の暮らしに関する実物資料などのほか、

大阪府広報担当副知事であるもずやん出演のピースおおさか館内紹介ビデオ

放映していますmovie

DSC02252.jpgのサムネール画像のサムネール画像

『人権展』は12月16日までですが、

展示替え等の関係から、紹介ビデオは12月9日15時頃までの放映になります。

展示替え後も、少し変更等はありますが、

16日まで出前展示は行っていますgood

 

この機会にぜひ、大阪府立中央図書館へお越しくださいcat

戦場のアリア、上映しました!

2016年12月06日

12月4日、開戦の日平和祈念事業

「ピースシネマスペシャルデイ ~クリスマスと戦争~」を開催しました!shine

開戦の日.jpg

今回は、映画『戦場のアリア』を上映しましたeye

1日限りの特別上映でしたが、たくさんの方にご参加いただくことができましたhappy02

 

みなさんに戦争の悲惨さや平和の尊さに触れていただける機会を

これからもつくっていきたいなと感じた一日でしたsun

1