ホーム > ピースダイアリー > 2017年8月

ピースダイアリー

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2017年度「戦争犠牲者追悼式と平和コンサート」

2017年08月24日

今から72年前の夏も暑かったのでしょうか。

大阪では終戦の直前まで、幾度とない空爆を受け、およそ1万人の方々が亡くなられました。

ピースおおさかでは毎年、終戦の8月15日に合わせ、慰霊事業を開催しております。

本年も数多くの皆様にご参加いただき、追悼と恒久平和を祈念致しました。

DSC01814.JPGのサムネール画像

DSC01825.JPGのサムネール画像

前半は、相愛大学音楽学部による四重奏と、相愛中学校・高等学校による合唱が催されました。

綺麗な音色と歌声に感激し、演奏後は盛大な拍手が鳴り響きました。

 

DSC01831.JPG

DSC03076.JPG

後半は、「刻の庭」にある死没した方々のお名前が刻まれている銘板の前にて、菊一輪の献花がおこなわれ、これまでご来館された皆様にご寄贈いただいた千羽鶴をおたき上げする昇鶴祭をもちまして、無事終了致しました。

戦争体験者が徐々に減少し、戦争が物語化していくなかで、私たちは史実とどのように向き合わねばならないのか問われているように思います。

ピースおおさかも、大阪空襲の記憶を通して、戦争の悲惨さと平和の尊さを広く世界に発信できるよう、これからも努力を重ねてまいります。

「いしぶみ 広島二中一年生全滅の記録」2017年8月6日

2017年08月08日

8月6日が近づくほど、まわりに緊張感が漂いますね。

広島に原爆が投下されてから、今年で72年目を迎えました。

ピースおおさかでは、平和祈念事業として、映画「いしぶみ 広島二中一年生全滅の記録」の上映会を開催致しました。

この映画は、1969年に広島テレビで制作されたドキュメンタリー番組「碑(いしぶみ)」を、戦後70年を迎えた折に、是枝裕和監督によってリメイクされた朗読劇です。

広島への原爆投下によって亡くなられた広島第二中学校1年生(当時)の方々にスポットを当て、遺族の手記に残された、彼らの最期の瞬間を読み解いていきます。

語り部を担当されたのは広島出身の女優である綾瀬はるかさん、そして遺族や関係者へのインタビュアーとして、ジャーナリストの池上彰さんが取材に参加されています。

DSC029480.JPG

当日は、ご年配の方から子どもさんまで、非常に多くの方々にご来館いただき、私たちにとって広島が如何に重要な場所なのか実感することができました。

はじめに、犠牲になられた方々に対し黙祷をおこない、刻の庭の鐘を鳴らし追悼の意を表しました。

 

DSC02951.JPG

昭和20年8月6日の朝、広島二中1年の生徒たちは、建物解体作業のために、本川の土手に集合していました。

点呼が終わり、これから作業にとりかかろうとした直後、空から一発の爆弾が落ちてきました。

そして…

 

会場では、広島・長崎の原爆パネルも展示しました。

広島、そして長崎で起こった悲劇は、これからも最初にして最後としなければなりません。

このたびの「いしぶみ」の上映を機に、少しでも平和への関心をお持ちいただければ幸いです。

もうすぐ、終戦の日です。

ミュージアムキャラクターアワード2017!!

2017年08月04日

ピースおおさかのキャラクター「ピースバード」

「ミュージアムキャラクターアワード2017」にエントリー中ですrock

 

 ミュージアムキャラクターの日本一を目指して

 ぜひぜひ、投票にご協力お願いいたします!!m(_ _)m

pi-sutouhyou.png

★投票ページ★

★パソコンの場合は下記URLから 

http://www.museum.or.jp/modules/im/index.php?content_id=956

 

★スマートフォンの場合は下記URLもしくはQRコードから 

https://sp.museum.or.jp/museum_chara_award_detail/457

ピースおおさか(ピースバード).png

8月のウィークエンド・シネマ♪

2017年08月04日

毎週土曜日にピースおおさかで開催する映画上映会movie

7月は「二重被爆 語り部 山口彊(つとむ)の遺言」です

2017年8月シネマ.jpg

広島と長崎で二度にわたって被爆した「二重被爆者」をご存じですか。 

今回上映するのは、「二重被爆者」である山口彊さんの晩年をとらえた

ドキュメンタリー作品です

2005年に最愛の息子さんを失い、自らの体験を後世に伝える語り部として

活動を開始した山口さん。

がんに冒されながらも93歳で亡くなるまで、

語り部として平和や反核の思いを訴え続けた姿を追います。

また、被爆を題材にした映画をつくりたいという

ジェームズ・キャメロン監督との交流なども撮影されています

映画からあらてめて戦争や平和について考えてみませんか?

 

ピースおおさかでの上映スケジュールについては、以下のとおりeye

〈日時〉  2017(平成29)年8月5日、19日、26日 各日14時から

〈会場〉  ピースおおさか  1階 講堂

〈定員〉  250名。(申込不要。当日先着順。)

〈参加費〉 無料。(ただし、入館料が必要。)

        *大人250円、高校生150円。

                           中学生以下・65歳以上・障がい者の方は無料。

ウィークエンド・シネマの詳細については、こちら↓

http://www.peace-osaka.or.jp/education/weekendcinema.html

 

たくさんの皆さまのご来館、お待ちしておりますhappy01

教員のための平和学習、開催しました!

2017年08月03日

ピースおおさかでは、毎年8月に教員向けの研修講座

「教員のための平和学習」を開催しています。

今年も、8月2日に開催しました!run

 

今回は、語り部講話館内見学フィールドワーク(大阪城公園内の戦跡巡り)

を行いましたpencil

ピースおおさかの入館で、もっとも多いのが

遠足や平和学習で利用する学校さんですschool

 

大阪の空襲のこと、戦争のこと、平和のこと…

次世代に伝えて行くために

ピースおおさかでは、平和学習のサポート

これからもがんばっていきますup

1  2