ホーム > ピースダイアリー > 2020年10月

ピースダイアリー

2020年11月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

今年はWebで「イケフェス」を。

2020年10月27日

皆さん、イケフェスってご存じですか?

 

日本最大の建築一斉公開イベント

「生きた建築ミュージアムフェスティバル大阪」(OpenHouseOsaka)

略して、イケフェス!!!

 

ピースおおさかも毎年参加しているのですが、

10月24日、25日に無事、開催されましたhappy01

 

今年は新型コロナウイルスの流行という状況の中で、初のバーチャル開催sign03

イケフェスの公式サイトでは、動画など、幅広いコンテンツが

公開されていますpc

終了後も楽しめるのは、バーチャルのよいところですねcatface

 

ピースおおさかは、パブリック・プログラムの中で紹介されていますeye

ピースおおさかのページはこちら

 

今年は、おうちで「建築の秋」を楽しむのもいかかでしょうか?maple

 

 

~ピースおおさかの最新情報は、TwitterやFacebookでも配信中!~

・公式Twitter(@oipc0917)はこちら

・公式Facebook(@oipc0917)はこちら

特別展「引揚港・舞鶴と大阪~ひとりの男が伝えたメッセージ~」開催中!

2020年10月25日

特別展「引揚港・舞鶴と大阪」①.jpg

引揚港・舞鶴は、国内最長13年間にわたって約66万人にのぼる引揚者を迎え入れました。

本特別展では、その歴史をはじめ、中国や朝鮮半島、シベリアなどからの海外引揚について、そして坂井仁一郎さんに関する資料を写真や解説パネルで紹介しています。

 

坂井仁一郎さんは、大阪・門真の自宅でシベリア抑留者の安否を知らせるラジオ放送を耳にし、それを全国の抑留者の家族へ知らせるためにハガキを送った方です。その数は700通以上にも及びます。

安否もわからないまま帰りを待つ家族にメッセージを伝え続けた坂井さんのもとには、お礼のハガキや手紙がたくさん届きました。

 

こうした引揚港・舞鶴と大阪のつながりを知ることもできます。

展示期間は12月27日(日)まで。

 

皆さまのご来館お待ちしておりますhappy01

 

~ピースおおさかの最新情報は、TwitterやFacebookでも配信中!~

・公式Twitter(@oipc0917)はこちら

・公式Facebook(@oipc0917)はこちら

1