ホーム > ピースダイアリー > 2021年2月

ピースダイアリー

2021年2月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

3/14大阪大空襲平和祈念事業の申込受付終了について

2021年02月10日

3月14日(日)の大阪大空襲平和祈念事業

「戦争と平和 ~Trio Veil レクチャーコンサート~」は、

定員に達したため、予約受付を終了しました。

駐大阪・神戸米国総領事が来館されました

2021年02月10日

駐大阪・神戸米国総領事館メイ総領事が、

特別展「生と死の間で ホロコーストとユダヤ人救済の物語」と

ピースおおさかの常設展示を見学されました。

Twitterでは、そのときの様子を写真付きで紹介しています。

該当記事はこちら

 

~ピースおおさかの最新情報は、TwitterやFacebookでも配信中!~

・公式Twitter(@oipc0917)はこちら

・公式Facebook(@oipc0917)はこちら

大阪日日新聞に記事が掲載されました!

2021年02月09日

1月20日の大阪日日新聞のトップニュースとして、

大阪空襲死没者を追悼し平和を祈念する場「刻の庭」

に関する記事が掲載されました!

大阪日日新聞の記事はこちら

ウィークエンド・シネマ2月のご紹介

2021年02月04日

現在開催中の特別展「生と死の間で ホロコーストとユダヤ人救済の物語」関連作品として、こちらの作品を特別上映しますmovie

 

ヒトラーへの285枚の葉書

2021 2・3月ウィークエンド・シネマ①.jpg

上映日時:2月6日(土)、13日(土)、20日(土)、27日(土)

各日14:00から(当日先着順)

 

ドイツ人作家ハンス・ファラダが、ゲシュタポの文書記録をもとに執筆した小説「ベルリンに一人死す」を映画化したものです。

ナチスから「望ましくない作家」に分類された後もドイツに留まり、人気を保ち続けたハンス・ファラダ。600ページに及ぶ「ベルリンに一人死す」を4週間足らずで書き上げた彼は、その3ヶ月後に他界しました。

 

第2次世界大戦中、ナチス政権下のベルリンで、ペンと葉書だけを武器に命懸けの静かな抵抗運動に身を投じたドイツ人夫妻の運命を描いた人間ドラマです。

 

ウィークエンド・シネマは予約不要です。

皆さまのご来館をお待ちしておりますconfident

 

~ピースおおさかの最新情報は、TwitterやFacebookでも配信中!~

・公式Twitter(@oipc0917)はこちら

・公式Facebook(@oipc0917)はこちら

在大阪イタリア総領事が来館されました

2021年02月03日

在大阪イタリア総領事館ルイージ・ディオダーティ総領事が、

特別展「生と死の間で ホロコーストとユダヤ人救済の物語」観覧のため

ピースおおさかに来館されました。

Twitterでは、そのときの様子を写真付きで紹介しています。

該当記事はこちら

 

~ピースおおさかの最新情報は、TwitterやFacebookでも配信中!~

・公式Twitter(@oipc0917)はこちら

・公式Facebook(@oipc0917)はこちら

1