ホーム > ピースダイアリー

ピースダイアリー

2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

春休み親子まつり2018

2018年03月07日

冬が巡ってくると太平洋戦争の開戦を、そして夏には原爆投下・終戦など、季節を通じて戦争が思い出されるのではないでしょうか。
かつて日本各地に甚大な被害を与えた本土空襲ですが、大阪では3月に第一次大阪大空襲があり、ピースおおさかでは亡くなられた方々を追悼・祈念するためのイベントや戦争関連の映画上映を開催する活動をおこなっています。
今年の春休み親子まつりは関東を舞台にした作品を取り上げ、戦争が市民にもたらした影響、そして今なお続く軍事基地をめぐる問題について広く知っていただけたらと思います。
 
2018年春休み親子まつり②.jpgのサムネール画像
【上映日時】各日14時から
3月27日(火)、28日(水)、29日(木)、30日(金)、4月1日(日)
 
1本目の「ふたつの胡桃」は、平成生まれである主人公が1945年に開始された東京大空襲の3日前にタイムスリップし、同年代の少女に助けられるものの、遂には戦争へと巻き込まれていくというどこか不思議なお話です。
原作は野坂昭如氏の「戦争童話集」で、時空を超えた友情が切なく感動的です。
 
2018年春休み親子まつり①.jpgのサムネール画像
【上映日時】各日14時から
4月3日(火)、4日(水)、5日(木)、6日(金)、8日(日)
 
2本目の「パパ ママ バイバイ」は、1977年に横浜市で実際に起きた米軍機墜落事故を題材にした作品です。
厚木基地を出発した米軍機ファントムですが、離陸直後にエンジン火災を起こし、住宅街へと墜落したため周辺は火の海と化しました。
本作品はその犠牲となったある兄弟をモデルにしたキャラクターの物語であり、今日の日本であっても平和の尊さは未来へと語り継いでいかなければならないことを伝えています。
 
過去や遠方で起こった出来事は非日常的で実感がわきにくいかもしれませんが、戦争は身の回りの些細な事件が原因で起こりうることは心に留めたいですね。
たくさんのご来館をお待ちしております。

4、5月のウィークエンド・シネマ

2018年02月23日

インフルエンザに注意していたら、ただの風邪にかかってしまったスタッフKですwave

寒さのピークは過ぎたといえども、まだまだ乾燥した日々が続きますねbearing

年度末は忙しくなる時期かと思いますので、体調を崩されぬようご自愛くださいcute

このたびは、ウィークエンド・シネマの告知をさせていただきますshine

まず、4月は「大いなる幻影」を上映しますpencil

2018年4月シネマ「大いなる幻影」.jpgのサムネール画像

フランス映画界の巨匠ジャン・ルノワール監督の代表作の一つであり、発表当時から世界中で大反響のあった作品ですが、戦前の日本では公開が禁止されていました。

舞台は第一次世界大戦下の欧州、フランス軍のボアルデュー大尉とマレシャル中尉は搭乗していた戦闘機をドイツ軍により撃墜され、捕虜収容所に収監されることになります。

ドイツ軍人であるラウフェンシュタイン大尉は2人を丁重に迎え入れますが、民族や社会階級も異なる人間の集う収容所の環境に馴染めるはずもなく、やがて脱走計画が企てられることになります。

その行く末は…

身分や出自を剥き出しにしてしまう戦争ですが、本作品は極限状態に追い詰められた人間同士の絆について描いていますmovie

 

【上映日時】各日14:00から

日(土)、14日(土)、21日(土)、28日(土)

 

そして、5月は戦災孤児をテーマにした児童映画「青葉学園物語」を上映しますchick

2018年5月シネマ「青葉学園物語」.jpg

戦争で親を亡くした子どもたちが六つの寮に分かれて生活している養護施設『青葉学園』。

戦後の辛く貧しい生活に負けず、人間として一番大切な優しさや思いやり、人と人とのかかわりのルールを体得しながら成長していく子どもたちの姿を描いています。

原作は、吉本直志郎のベストセラー小説「青葉学園物語」シリーズで、原爆孤児のための養護施設「広島戦災児育成所」での自身の体験がもととなっています。

とてもユーモラスな内容なので、楽しみながらご覧いただける作品かと思いますnote

 

【上映日時】各日14:00から

日(土)、12日(土)、19日(土)、26日(土)

 

新年度の門出に相応しいラインナップとなっていますので、ぜひご家族・ご友人お誘い合わせの上、お気軽にお越しくださいませclover

出前展示 in 大阪市立中央図書館2018

2018年02月02日

出前展示①.jpg

今年もまたまたやって参りましたrun

動く博物館でお馴染みになりましたピースおおさかの出前展示ですが、今年度も大阪市立中央図書館にて、パネル展「大阪大空襲と戦時下のくらし」を開催しますflair

今回は前年度よりも出品数を増やし、学童疎開に関する体験画も展示しますpencil

約2週間の短期間ですので、お早めにご来館くださいhappy02

 

【開催期間】

2月2日(金)~14日(水)

【大阪市立中央図書館・開館時間】

月曜日~金曜日:午前9時15分~午後8時30分

土曜日・日曜日・祝休日:午前9時15分~午後5時

3月のウィークエンド・シネマ

2018年01月30日

かつて大阪の街は、日本の商工業の中心として隆盛を極めましたが、終戦の直前まであった空襲によって壊滅的な被害を受けました。

50回を超える空襲のうち、B29 100機以上による「大空襲」は計8回おこなわれました。

第1次大阪大空襲は、1945年3月13日~14日にかけてあり、この日だけで4,665名(行方不明の方を含む)の尊い命が奪われました。

月のウィークエンド・シネマは、大阪大空襲空襲体験画をテーマにした2本のドキュメンタリー映画を上映します。

2018年3月シネマ 大阪大空襲②.jpg

2018年3月 体験者が語る空襲の証言②.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1本目の「大阪大空襲 焼きつくされた大阪の街」は、とある初老の女性が自身の戦争体験を孫娘に伝えていくかたちで進行していきます。

体験画や米軍が撮影したフィルムなどが挿入されており、大阪大空襲についてわかりやすく知ることができます。

大阪が焼け野原となった事実、まもなく訪れる終戦を待たずして多くの命が失われた事実、ここに平和の原点があるのだと訴えてくる作品です。

2本目は、2004年3月に当館でおこなわれた「大阪大空襲平和祈念事業」の模様を収録した作品です。

実際に空襲を体験された方々に、体験画を通して、当時の記憶や心情、状況について、お話いただきました。

いずれの作品も、たいへん価値のある内容となっているので、ぜひこの機会にご鑑賞ください。

 

同じ大阪でおこなわれた空襲でも体験者によってさまざまな苦難があり、戦争が人々の記憶に与える影響は計り知れないことを実感します。

教科書には載っていない貴重な証言を聞きに来てください。

 

【上映日時】各日14時から

日(土)、10日(土)、17日(土)、24日(土)

ユニセフ写真展「すべての子どもに、教育を。」開催

2018年01月11日

DSC02212.JPG

2018年、第1回目のピースおおさか特別展は、大阪ユニセフ協会にご協力をいただき、世界の教育問題をテーマとした写真展すべての子どもに、教育を。」を開催致します!

今日の日本において、当たり前のように教育を受けることができる私たちですが、世界には学校へ通うどころか、教育を受けることすらできない子どもたちがたくさんいます。

なぜ学校へ通えないのか、解決するためにはなにが必要なのか。

このたびの展示では、そのような子どもたちがおかれている現状や、ユニセフの取り組み等をご紹介致します。

開催期間は1月11日(木)~1月30日(火)と短期間なので、平和学習や社会見学、あるいはウィークエンド・シネマと合わせてご来館ください!

« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11