ホーム > ピースダイアリー

ピースダイアリー

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

出前展示 in 大阪市立中央図書館2018

2018年02月02日

出前展示①.jpg

今年もまたまたやって参りましたrun

動く博物館でお馴染みになりましたピースおおさかの出前展示ですが、今年度も大阪市立中央図書館にて、パネル展「大阪大空襲と戦時下のくらし」を開催しますflair

今回は前年度よりも出品数を増やし、学童疎開に関する体験画も展示しますpencil

約2週間の短期間ですので、お早めにご来館くださいhappy02

 

【開催期間】

2月2日(金)~14日(水)

【大阪市立中央図書館・開館時間】

月曜日~金曜日:午前9時15分~午後8時30分

土曜日・日曜日・祝休日:午前9時15分~午後5時

3月のウィークエンド・シネマ

2018年01月30日

かつて大阪の街は、日本の商工業の中心として隆盛を極めましたが、終戦の直前まであった空襲によって壊滅的な被害を受けました。

50回を超える空襲のうち、B29 100機以上による「大空襲」は計8回おこなわれました。

第1次大阪大空襲は、1945年3月13日~14日にかけてあり、この日だけで4,665名(行方不明の方を含む)の尊い命が奪われました。

月のウィークエンド・シネマは、大阪大空襲空襲体験画をテーマにした2本のドキュメンタリー映画を上映します。

2018年3月シネマ 大阪大空襲②.jpg

2018年3月 体験者が語る空襲の証言②.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1本目の「大阪大空襲 焼きつくされた大阪の街」は、とある初老の女性が自身の戦争体験を孫娘に伝えていくかたちで進行していきます。

体験画や米軍が撮影したフィルムなどが挿入されており、大阪大空襲についてわかりやすく知ることができます。

大阪が焼け野原となった事実、まもなく訪れる終戦を待たずして多くの命が失われた事実、ここに平和の原点があるのだと訴えてくる作品です。

2本目は、2004年3月に当館でおこなわれた「大阪大空襲平和祈念事業」の模様を収録した作品です。

実際に空襲を体験された方々に、体験画を通して、当時の記憶や心情、状況について、お話いただきました。

いずれの作品も、たいへん価値のある内容となっているので、ぜひこの機会にご鑑賞ください。

 

同じ大阪でおこなわれた空襲でも体験者によってさまざまな苦難があり、戦争が人々の記憶に与える影響は計り知れないことを実感します。

教科書には載っていない貴重な証言を聞きに来てください。

 

【上映日時】各日14時から

日(土)、10日(土)、17日(土)、24日(土)

ユニセフ写真展「すべての子どもに、教育を。」開催

2018年01月11日

DSC02212.JPG

2018年、第1回目のピースおおさか特別展は、大阪ユニセフ協会にご協力をいただき、世界の教育問題をテーマとした写真展すべての子どもに、教育を。」を開催致します!

今日の日本において、当たり前のように教育を受けることができる私たちですが、世界には学校へ通うどころか、教育を受けることすらできない子どもたちがたくさんいます。

なぜ学校へ通えないのか、解決するためにはなにが必要なのか。

このたびの展示では、そのような子どもたちがおかれている現状や、ユニセフの取り組み等をご紹介致します。

開催期間は1月11日(木)~1月30日(火)と短期間なので、平和学習や社会見学、あるいはウィークエンド・シネマと合わせてご来館ください!

2018年2月の「ウィークエンド・シネマ」

2018年01月09日

あけましておめでとうございますfujishine

本年も平和のまち大阪の実現と発展を目指し、さまざまな取り組みをおこなっていきたいと思いますので、どうぞお見逃しなくeye

 

今回は、2018年2月に上映するウィークエンド・シネマルシアンの青春」についてご紹介させていただきますflair

2018年2月シネマ ルシアンの青春②.jpg

フランス・西ドイツ・イタリア3ヵ国の合作であり、物語は第2次世界大戦末期のナチス・ドイツ占領下であるフランスを舞台に、フランス人の若者とユダヤ人少女の恋愛模様を描いていますpencil

この映画は他の戦争映画とは少し異なり、ナチスに抵抗する人たちの視点というよりも、ナチスのユダヤ人迫害に迎合した当時のフランスという国をみつめるような趣となっていますmovie

17歳のルシアンは、フランス・レジスタンス運動に参加したいと思い立ちますが若年のために断られます。

そして、あろうことかナチスのゲシュタポに加わり、ナチスの手先として活動することになるのですが、次第に心を失っていきます。

やがて、隠れ住んでいたユダヤ人の少女フランスの一家と出会い、彼の人生は大きく変化していくことになるのですが…

 

多感な時期を戦争中に過ごし、現実と感情の狭間で葛藤していくルシアンの姿は、人間らしさに満ち溢れていますclover

とても切なく綺麗な作品なので、ぜひこの機会にお越しくださいconfidentheart04

 

【上映日時】各日14:00から

2月日(土)、10日(土)、17日(土)、24日(土)

2018年1月の「ウィークエンド・シネマ」

2017年12月16日

子どものころは霜柱を踏みながら登下校をしていましたが、気づいたら銀杏の上を出勤する大人になっていたスタッフJです…

2018年1月シネマ「いわさきちひろ」③.jpg

皆さんはこの方の絵をご存知でしょうか?

亡くなられてから40年以上が経ちますが、今日に至ってもなお多くの人々を魅了し続けている巨匠ですpen

しかし、絵は有名であっても、その生涯についてはあまり知られていませんrain

2018月のウィークエンド・シネマは、日本を代表する絵本画家「いわさきちひろ」さんのドキュメンタリー映画を上映します!

 

絵の道を志すなか、親のすすめで望まぬ結婚をしますが、不幸なかたちで夫と死別することになります。

さらに戦争で家を焼かれ、失意に沈む彼女でしたが、27歳であらためて絵の道にすすむ決意をします。

やがて運命の男性、松本善明さんと出逢い、大恋愛の末に再婚しますが、失業中の夫を支えるべく過酷な日々を送ることになります。

ついには病に倒れるものの、命を削りながら最期まで創作活動を続けていきます。

本映画では、そのやわらかいタッチからは想像もできない波乱の人生を追うとともに、彼女の生涯を通して、私たちが命について如何に考えるべきか示しています。

キャストには女優の黒柳徹子さんやアニメーション映画監督の高畑勲さんなど、彼女とその作品を知るさまざまな関係者がインタビューに答えており、エグゼクティブプロデューサーとして、映画監督であり「いわさきちひろ記念事業団」理事長の山田洋次さんが参加されていますclover

数々の証言を参考に、世代を超えて愛される彼女の知られざる物語に迫りますmovie

 

感受性や想像力を培うためにも、ぜひ親子でご鑑賞いただけたら幸いですconfidentcherry

来年も、たくさんのご来館をお待ちしていますshine

 

【上映日時】日(土)、13日(土)、20日(土)、27日(土)

« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11