ホーム > ピースダイアリー

ピースダイアリー

2020年6月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

【予告】11、12月のウィークエンド・シネマ

2019年10月02日

暑い!!!!!!!!!!!!!!

 

いったん涼しくなったかと思えば、また暑くなってきましたね。

喉が渇く日々が続いていますが、ピースおおさかに設置している自動販売機で飲み物をお買い求めいただくと、その売上の一部を平和基金事業に活用させていただきますので、大阪城公園を散策される際は、ぜひご利用ください。

今回は11、12月に上映しますウィークエンド・シネマについてお知らせします。

11月は「わが故郷の歌」(日本語字幕)という作品になります。

2019年11月シネマ.jpgのサムネール画像

イランのクルド人村に住む老歌手・ミルザの下に、イラクへと渡った元妻・ハナレから助けを求める知らせが届く。

彼女を救うために、二人の息子を引き連れて、平穏なイランから戦乱のイラクへと旅立つ。

爆撃音が響く中、ミルザたちは、行く先々でクルドの歌を高らかに歌う―。

イラン・イラク戦争終結後の国境地帯をを舞台に、親子の珍道中を力強い歌に乗せて、鮮やかに描く。

 

 

【100分 カラー 2002(平成14年) イラン】

【監督】バフマン・ゴバディ

【出演】シャハブ・エブラヒミ、

    アッラモラド・ラシュティアン ほか

【上映日時】2、9、16、23日(土)14時から

 

そして、12月は「シアター・プノンペン」(日本語字幕)を上映します。

2019年12月シネマ.jpg

カンボジアの首都プノンペン。ある日、女子大生ソポンは、廃墟のような映画館で古い恋愛映画を鑑賞する。そこには、若き日の母が映っていた。しかし、映画は途中で終わっていた。ソポンは、病床に伏す母のために、完成させようと決心する。ポル・ポトの独裁政権時代をくぐり抜けた一本の恋愛映画をめぐり、激動の時代を生きた人びとの数奇な運命が明らかになってゆく…。

 

 

 

 

【105分 カラー 2014(平成26)年 カンボジア】

【監督】ソト・クォ―リーカー

【出演】マー・リネット、ディ・サヴェット、ソク・ソトゥン ほか

【上映日時】7、14、21日(土)各日14時から

 

今年の冬は、ピースおおさかでじっくりと映画を観賞されるのはいかがでしょうか。

皆さんのお越しをお待ちしております。

特別講演会「第二次世界大戦とポーランド」開催!

2019年09月17日

 1991(平成3)年9月17日に開館したピースおおさか。

 おかげさまで、今年で28年目を迎えましたshine

 毎年9月に行っている開館の平和祈念事業ですが、

 今年は現在開催中の特別展にあわせて、

 特別講演会「第二次世界大戦とポーランド」を開催しました。

DSC03770.JPG

   ポーランド広報文化センターの所長マリア・ジュラフスカさん

   ご挨拶いただきました。

  

   日本とポーランドの国交樹立100周年の年である2019年は、

   第二次世界大戦の勃発から80年にあたります。

   1939年9月1日、ドイツがポーランドに侵攻したことによって始まった

 第二次世界大戦。

 同月17日には東部からソ連も攻め入り、ポーランドは戦場と化しました。

DSC05825.JPG

   北海道大学と早稲田大学の名誉教授であられる伊東孝之先生をお招きし、

 日本とポーランドの地理的な違いに触れながら、

   戦火に見舞われた歴史のなかでポーランドの人々が生き抜いた

   6年間を中心にご講演いただきましたkaraoke

もずやんのコーヒー

2019年09月11日

思わず二度見してしまったこのコーヒー、大阪府と山本珈琲株式会社のコラボ商品とのことです。

無題.jpg

大阪の花「うめ」をイメージしたピンク色の背景に、もずやん広報担当副知事がプリントされたパッケージとなっており、味も濃厚で美味しく、いろんなアレンジが楽しめそうな可能性を秘めていたりと、視覚的にも味覚的にも衝撃を味わえるコーヒーです。

私もこのコーヒーをいただいてから、肌の調子が良くなり、毎日がとても楽しくなりました。

ぜひ、お試しください。

(※個人の感想であり、効果効能を示すものではありません。)

2019年9月は第二次世界大戦勃発80年!

2019年09月01日

1939年9月1日、

ドイツがポーランドを侵攻したことにより始まった第二次世界大戦

9月17日には東部からソ連も攻め入り、ポーランドは戦場と化しました。

大戦の勃発から80年の2019年9月。

ポーランド・グダンスク市にある「第二次世界大戦博物館」

パネル展をピースおおさかで開催します。

01-01_第二次世界大戦博物館展チラシ_low_0726-001.jpgのサムネール画像

また、特別展開催にあわせ、

9月15日(日)には特別講演会「第二次世界大戦とポーランド」も行います。

開館の日平和祈念事業2019.jpg

9月15日は「関西文化の日プラス」実施日のため、

当日の入館料が無料になります!

この機会に、ぜひご参加ください。

講演会参加は、お電話にて予約受付中です!(06-6947-7208)

【予告】9、10月のウィークエンド・シネマ

2019年08月25日

暑さが徐々に和らいできましたね。

学校の夏休みが終わり、ピースおおさかも秋口はたくさんの生徒さんが見学のために来館されるため、これからとても賑やかな時期となります。

さっそくですが、今回は9、10月に上映するウィークエンド・シネマについてご紹介します。

 

まず、9月は「白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々(日本語吹替版)を上映します。

2019年9月シネマ.jpgのサムネール画像

1943年、ヒトラー打倒と叫び、反ナチス運動を展開した実在の抵抗グループ「白バラ」。

その紅一点ゾフィー・ショルは、兄とともに大学構内で反戦ビラを配っていたところを逮捕されてしまう。厳しい尋問にも屈しない彼女に、尋問官モーアはある取引を提案するが…。

逮捕されてから、わずか5日間の短い尋問の末の判決、処刑に至るまでを描いた真実の物語。

 

 

【121分 カラー 2005(平成17)年 ドイツ】

【監督】マルク・ローテムント

【出演】ユリア・イェンチ(斎藤恵理)、

    アレクサンダー・ヘルト(伊藤和晃) ほか

【上映日時】7、14、21、28日(土) 14時から

 

次に、10月は「NORIN TEN ~稲塚権次郎物語~」を上映します。

2019年10月シネマ.jpg

1960年代、世界の食糧危機を救った小麦があった。

その小麦の基は「NORIN TEN(小林農林10号)」という、日本人が育種したものだった。

富山県の貧しい農家に生まれた稲塚権次郎。育種家として、数々の稲と小麦を生み出し、世界的な食糧危機を救った彼は”農の神”と呼ばれた。

大正から昭和にかけて、農業発展のために尽力した稲塚権次郎の生涯を描いた伝記ドラマ。

 

【110分 カラー 2015(平成27)年 日本】

【監督・脚本】稲塚秀孝

【出演】仲代達矢、松崎謙二、野村真美、藤田弓子、舞川あいく、益岡徹 ほか

【上映日時】5、12、19、26日(土) 14時から

 

 

両作ともに良作です。

たくさんのご来館をお待ちしています。

« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11