ホーム > ピースダイアリー

ピースダイアリー

2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

【イベント告知】スポーツの秋!芸術の秋!ピースおおさかで一日楽しく過ごそう!

2017年10月03日

運動会や文化祭など、秋は学校のイベントが多くなる季節ですねcat

ピースおおさかには、毎秋たくさんの小中高学校の生徒さんたちが平和学習の一環でお越しになりますcute

皆さん熱心にご見学されていますが、なかには平和を学ぼうにも、はじめから難しく考えすぎてしまったり、どこからどのように考えれば良いのか、きっかけが掴めない方々もいらっしゃいますpenguin

しかし、身の回りのさまざまなことから、平和の大切さについて触れていただくことができますcherry

このたびピースおおさかでは、10月22日(日)に、スポーツsoccerや芸術artを通して平和の大切さについて知っていただこうと、親子でご参加いただけるイベントを開催致しますclover

当日は、親子でお楽みいただける運動遊びや、子どもさんたちに館内の見どころを探索していただき、館内案内図を製作するワークショップを企画しておりますpencilnote

当館は、次世代を担う子どもさんたちが、自分自身の課題として考えられる展示を目指しておりますが、実際にどのような印象を受けておられるのか、お一人おひとりによってさまざまですsign05

そこで、より見やすく、わかりやすい館内案内図を、参加者の皆さんに製作していただきたいと考えておりますsun

完成した案内図は後日、館内での掲示を予定しており、ご参加いただいた方々には、記念品を贈呈致しますshine

 

001.jpg

002.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(クリックすると、チラシを拡大できます)

 

あまり難しくお考えにならず、お気軽にご参加くださいlovely

多数のご来館を、心よりお待ちしておりますmotorsports

9/17臨時休館(およびイベント中止)のお知らせ

2017年09月17日

9月17日9時54分、大阪市内に「暴風警報」が発令されたため、

正午(12時)より臨時休館させていただきます。
 

また、本日開催を予定しておりました

『開館の日平和祈念事業』につきましては、

中止させていただきます。

 

誠に申し訳ございません。

台風に関するお知らせ

2017年09月16日

午前7時の段階で、大阪市内に「暴風警報」が発令された場合、午前中は臨時休館させていただきます。
午前11時までに「暴風警報」が解除された場合は、午後13時より開館します。
午前11時までに解除されなかった場合は、終日臨時休館させていただきます。

2017年度「戦争犠牲者追悼式と平和コンサート」

2017年08月24日

今から72年前の夏も暑かったのでしょうか。

大阪では終戦の直前まで、幾度とない空爆を受け、およそ1万人の方々が亡くなられました。

ピースおおさかでは毎年、終戦の8月15日に合わせ、慰霊事業を開催しております。

本年も数多くの皆様にご参加いただき、追悼と恒久平和を祈念致しました。

DSC01814.JPGのサムネール画像

DSC01825.JPGのサムネール画像

前半は、相愛大学音楽学部による四重奏と、相愛中学校・高等学校による合唱が催されました。

綺麗な音色と歌声に感激し、演奏後は盛大な拍手が鳴り響きました。

 

DSC01831.JPG

DSC03076.JPG

後半は、「刻の庭」にある死没した方々のお名前が刻まれている銘板の前にて、菊一輪の献花がおこなわれ、これまでご来館された皆様にご寄贈いただいた千羽鶴をおたき上げする昇鶴祭をもちまして、無事終了致しました。

戦争体験者が徐々に減少し、戦争が物語化していくなかで、私たちは史実とどのように向き合わねばならないのか問われているように思います。

ピースおおさかも、大阪空襲の記憶を通して、戦争の悲惨さと平和の尊さを広く世界に発信できるよう、これからも努力を重ねてまいります。

「いしぶみ 広島二中一年生全滅の記録」2017年8月6日

2017年08月08日

8月6日が近づくほど、まわりに緊張感が漂いますね。

広島に原爆が投下されてから、今年で72年目を迎えました。

ピースおおさかでは、平和祈念事業として、映画「いしぶみ 広島二中一年生全滅の記録」の上映会を開催致しました。

この映画は、1969年に広島テレビで制作されたドキュメンタリー番組「碑(いしぶみ)」を、戦後70年を迎えた折に、是枝裕和監督によってリメイクされた朗読劇です。

広島への原爆投下によって亡くなられた広島第二中学校1年生(当時)の方々にスポットを当て、遺族の手記に残された、彼らの最期の瞬間を読み解いていきます。

語り部を担当されたのは広島出身の女優である綾瀬はるかさん、そして遺族や関係者へのインタビュアーとして、ジャーナリストの池上彰さんが取材に参加されています。

DSC029480.JPG

当日は、ご年配の方から子どもさんまで、非常に多くの方々にご来館いただき、私たちにとって広島が如何に重要な場所なのか実感することができました。

はじめに、犠牲になられた方々に対し黙祷をおこない、刻の庭の鐘を鳴らし追悼の意を表しました。

 

DSC02951.JPG

昭和20年8月6日の朝、広島二中1年の生徒たちは、建物解体作業のために、本川の土手に集合していました。

点呼が終わり、これから作業にとりかかろうとした直後、空から一発の爆弾が落ちてきました。

そして…

 

会場では、広島・長崎の原爆パネルも展示しました。

広島、そして長崎で起こった悲劇は、これからも最初にして最後としなければなりません。

このたびの「いしぶみ」の上映を機に、少しでも平和への関心をお持ちいただければ幸いです。

もうすぐ、終戦の日です。

« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11