ピースおおさか4月・5月の「ウィークエンド・シネマ」

1.開催趣旨

ピースおおさかで所蔵する戦争や平和の映像資料を広く多くの方々にも鑑賞していただくための機会として開催します。平和な世の中を子どもたちに引き継いでいく方法をいっしょに考えてみませんか?

2.内容

日程 タイトル等 時間 内容

2017年
(平成29年)

 

4/1(土)
4/8(土)
4/15(土)
4/22(土)
4/29(土)

 

午後2時~

迎春花

<監督> 佐々木 康
<製作> 岩崎 昶
<出演>
李香蘭
木暮 実千代
近衛 敏明
浦克

 

長らくフィルムが失われていたため「幻のキネマ」といわれていた不朽の名作。主演は満州映画協会(満映)の看板スター「李香蘭」。 奉天(瀋陽)にある日本の建築会社の支社に赴任してきた支店長の甥が、同じ会社にいる女性や支店長の娘と繰り広げる青春映画。ハルビンでの氷上祭りの様子や、エキゾチックな 街並みなども写し出している。

74分
モノクロ
1942年
(昭和17年)
日本

迎春花
クリックすると拡大します

2017年
(平成29年)

 

5/13(土)
5/20(土)
5/27(土)

 

午後2時~

キクとイサム

<監督>
今井 正
<脚本>
水木 洋子
<出演>
高橋 恵美子
奥の山 ジョージ
北林 谷栄
滝沢 修
宮口 精二
東野 英治郎
三國 連太郎

 

「青い山脈」「ひめゆりの塔」の今井正監督が戦後の混血児問題に迫ったヒューマンドラマ。 アメリカ占領軍との混血児であるキクとイサムの姉弟は、会津磐梯山の麓の村で老いた祖母と一緒に暮らしていた。二人は日々好奇の目にさらされていたが、祖母の手に余る程の元気さだった。しかしある日、姉弟のどちらかをアメリカに養子に出す話が出て…。

116分
モノクロ
1959年
(昭和34年)

日本

キクとイサム
クリックすると拡大します
日時 2017(平成29)年
4/1(土)、4/8(土)、4/15(土)、
4/22(土)、4/29(土)
5/13(土)、5/20(土)、5/27(土)
午後2時~
会場 ピースおおさか(大阪国際平和センター) 講堂
〒540-0002 大阪市中央区大阪城2番1号
最寄駅:地下鉄、JR環状線「森ノ宮」駅下車、西へ400m
対象 どなたでも(小学生以下は保護者の方と同伴)
定員 250名
申込方法 申込不要(当日先着順)
参加費 無料(ただし、「ピースおおさか」入館料が必要。大人250円、高校生150円。
中学生以下・65歳以上・障がい者の方は無料。20名以上は団体割引。)
問合せ ピースおおさか(公益財団法人大阪国際平和センター)
〒540-0002 大阪市中央区大阪城2-1 
TEL06-6947-7208 
FAX06-6943-6080
開館時間 午前9時30分~午後5時 (入館は午後4時30分まで)
主催 ピースおおさか(公益財団法人大阪国際平和センター)