ピースおおさか10月・11月の「ウィークエンド・シネマ」

1.開催趣旨

ピースおおさかで所蔵する戦争や平和の映像資料を広く多くの方々にも鑑賞していただくための機会として開催します。平和な世の中を子どもたちに引き継いでいく方法をいっしょに考えてみませんか?

2.内容

日程 タイトル等 時間 内容

2017年
(平成29年)

 

10/7(土)
10/14(土)
10/21(土)
10/28(土)

 

午後2時~

海角七号 君想う、 国境の南(日本語吹替版)

<監督> ウェイ・ダーション
<出演> ファン・イーチェン(阪口周平)、田中千絵(弓場沙織) ほか

 

台北でミュージシャンとして成功する夢に破れ、故郷・恒春に戻った青年・阿嘉(アガ)。彼はある日、今は存在しない日本統治時代の住所“海角七号”宛ての小包を見つける。一方、町では日本人歌手・中孝介を招いての町興しライブが企画され、阿嘉も即席の前座バンドに駆り出されてしまうのだが…。
届けられることのなかった7通のラブレターとシュ ーベルトの「野ばら」が過去と現在をつなぎ、夢かなわなかった者たちの思いを映し出す。

130分
カラー
2008年
(平成20年)
台湾

海角七号
クリックすると拡大します

2017年
(平成29年)

 

11/11(土)
11/18(土)
11/25(土)

 

午後2時~

第三の男(日本語字幕)

<監督>
キャロル・リード
<出演>
ジョセフ・コットン、オーソン・ウェルズ ほか

 

第二次世界大戦直後の廃墟と化したウィーンを舞台にしたサスペンス映画。

ナチス・ドイツの支配下にあったウィーンだが、戦後は空爆の傷も癒えない中、アメリカ・イギリス・フランス・ソ連の4ヵ国によって分割統治されていた。
アメリカの売れない作家ホリー・マーチンスは、親友ハリー・ライムの招きでこの街を訪れたが、到着早々彼が死んだと知らされる。ハリーの死を不審に思い、真相を究明すべく独自の調査を開始するが…。

104分
モノクロ
1949年
(昭和24年)

イギリス

第三の男
クリックすると拡大します
日時 2017(平成29)年
10/7(土)、10/14(土)、10/21(土)、
10/28(土)、11/11(土)、11/18(土)、
11/25(土)
午後2時~
会場 ピースおおさか(大阪国際平和センター) 講堂
〒540-0002 大阪市中央区大阪城2番1号
最寄駅:地下鉄、JR環状線「森ノ宮」駅下車、西へ400m
対象 どなたでも(小学生以下は保護者の方と同伴)
定員 250名
申込方法 申込不要(当日先着順)
参加費 無料(ただし、「ピースおおさか」入館料が必要。大人250円、高校生150円。
中学生以下・65歳以上・障がい者の方は無料。20名以上は団体割引。)
問合せ ピースおおさか(公益財団法人大阪国際平和センター)
〒540-0002 大阪市中央区大阪城2-1 
TEL06-6947-7208 
FAX06-6943-6080
開館時間 午前9時30分~午後5時 (入館は午後4時30分まで)
主催 ピースおおさか(公益財団法人大阪国際平和センター)