ピースおおさか12月・1月の「ウィークエンド・シネマ」

1.開催趣旨

ピースおおさかで所蔵する戦争や平和の映像資料を広く多くの方にも鑑賞していただくための機会として、開催します。平和な世の中を子どもたちに引き継いでいく方法をいっしょに考えてみませんか?

2.内容

日程 タイトル等 時間 内容

2017年
(平成29年)

 

12/2(土)
12/9(土)
12/23(土)

 

午後2時~

第七天国 (日本語字幕)

<監督>
フランク・ボーゼージ
<出演>
ジャネット・ゲイナー、チャールズ・ファレル ほか

 

永六輔作詞の「上を向いて歩こう」や映画「ラ・ラ・ランド」のクライマックスはこの映画が元になっているといわれており、今なお影響を与える恋愛映画の名作。
パリの下町、貧しい下水掃除人は、7階の自室をユダヤ教の最上天に因んで、“第七天国”と呼んでいた。彼はムチで打たれる少女を救ってかくまい、最上階は二人の住まいとなる。しかし、結婚式の晴れ着を買ってきた日に戦争がはじまり…。

117分
モノクロ
1927年
(昭和2年)
アメリカ

第七天国 (日本語字幕)
クリックすると拡大します

2018年
(平成30年)

 

1/6(土)
1/13(土)
1/20(土)
1/27(土)

 

午後2時~

いわさきちひろ~27歳の旅立ち~

<エグゼクティブプロデューサー>
山田洋次
<監督>
海南友子
<ナレーション>
加賀美幸子
<声の出演>
檀れい、田中哲司
<出演>
黒柳徹子、高畑勲 ほか

 

日本を代表する絵本画家 いわさきちひろ。彼女の絵は没後 40年近く経った今も愛され続けているが、その人生についてはあまり知られていない。
不幸な形で夫と死別。戦争で家は焼き払われ何もかも失った人生のドン底。大恋愛の末の再婚、失業中の夫を支えた過酷な日々、病に倒れ、命を削りながら平和への想いを絵筆に込めた最期まで、その波乱の人生をたどっていくドキュメンタリー作品。

96分
カラー
2012年
(平成24年)

日本

いわさきちひろ
クリックすると拡大します
日時 2017(平成29)年
12/2(土)、12/9(土)、12/23(土)
2018(平成30)年
1/6(土)、1/13(土)、1/20(土)、1/27(土)
午後2時~
会場 ピースおおさか(大阪国際平和センター) 講堂
〒540-0002 大阪市中央区大阪城2番1号
最寄駅:地下鉄、JR環状線「森ノ宮」駅下車、西へ400m
対象 どなたでも(小学生以下は保護者の方と同伴)
定員 250名
申込方法 申込不要(当日先着順)
参加費 無料(ただし、「ピースおおさか」入館料が必要。大人250円、高校生150円。
中学生以下・65歳以上・障がい者の方は無料。20名以上は団体割引。)
問合せ ピースおおさか(公益財団法人大阪国際平和センター)
〒540-0002 大阪市中央区大阪城2-1 
TEL06-6947-7208 
FAX06-6943-6080
開館時間 午前9時30分~午後5時 (入館は午後4時30分まで)
主催 ピースおおさか(公益財団法人大阪国際平和センター)