ピースおおさか4月・5月の「ウィークエンド・シネマ」

1.開催趣旨

ピースおおさかで所蔵する戦争や平和の映像資料を広く多くの方々にも鑑賞していただくための機会として開催します。平和な世の中を子どもたちに引き継いでいく方法をいっしょに考えてみませんか?

2.内容

日程 タイトル等 時間 内容

2018年
(平成30年)

 

4/7(土)
4/14(土)
4/21(土)
4/28(土)

 

午後2時~

大いなる幻影 (日本語字幕)

<監督>
ジャン・ルノワール
<出演>
ジャン・ギャバン、ピエール・フレネーほか

 

ジャン・ルノワールの代表作の一つであり、戦前の日本では公開禁止となったフランス映画の名作。 第一次世界大戦下、戦闘機を撃墜された貴族出身の大尉とパイロットの中尉はドイツ軍の捕虜収容所に入れられる。さまざまな階級の人間の集う収容所で、一緒になった連中とも打ち解けないまま、やがて脱走計画が企てられる…。身分や出自などを剥ぎ取り、人間を剥き出しにしてしまう戦争。その極限状態での人間同士の絆を描く。

114分
モノクロ
1937年
(昭和12年)
フランス

大いなる幻影 (日本語字幕)
クリックすると拡大します

2018年
(平成30年)

 

5/5(土)
5/12(土)
5/19(土)
5/26(土)

 

午後2時~

青葉学園物語

<監督>
大澤豊
<出演>
市毛良枝、鈴木瑞穂、赤塚真人 ほか

 

戦争で親を亡くした子どもたちが六つの寮に分かれて生活している養護施設『青葉学園』。 戦後の辛く貧しい生活に負けず、人間として一番大切な優しさや思いやり、人と人とのかかわりのルールを体得しながら成長していく子どもたちの姿を描く。 原作は、吉本直志郎のベストセラー小説「青葉学園物語」シリーズ。原爆孤児のための養護施設「広島戦災児育成所」での自身の体験がもととなっている。

100分
カラー
1981年
(昭和56年)
日本

青葉学園物語
クリックすると拡大します
日時 2018(平成30)年
4/7(土)、4/14(土)、4/21(土)、4/28(土)
5/5(土)、5/12(土)、5/19(土)、5/26(土)
午後2時~
会場 ピースおおさか(大阪国際平和センター) 1階講堂
〒540-0002  大阪市中央区大阪城2番1号
最寄駅:地下鉄、JR環状線「森ノ宮」駅下車、西へ400m
対象 どなたでも(小学生以下は保護者の方と同伴)
定員 250名
申込方法 申込不要(当日先着順)
参加費 無料(ただし、「ピースおおさか」入館料が必要。大人250円、高校生150円。
中学生以下・65歳以上・障がい者の方は無料。20名以上は団体割引。)
問合せ ピースおおさか(公益財団法人大阪国際平和センター)
〒540-0002 大阪市中央区大阪城2-1 
TEL06-6947-7208 
FAX06-6943-6080
開館時間 午前9時30分~午後5時 (入館は午後4時30分まで)
主催 ピースおおさか(公益財団法人大阪国際平和センター)