ホーム > ピースダイアリー > 8月4日に終戦の日平和祈念事業を開催しました

ピースダイアリー

8月4日に終戦の日平和祈念事業を開催しました

2019年08月24日

DSC05602.JPGのサムネール画像

今年の終戦の日平和祈念事業は「“いま”伝えたい ~95歳、絵筆で戦争と平和を語り継ぐ~」と題しまして、語り手に第二次大阪大空襲を体験された東村禎三さん、聞き手に大阪電気通信大学名誉教授の小田康徳先生をお招きし、ご自身の戦争体験についてお話いただきました。

DSC05609.JPG

東村さんは、1924(大正13)年生まれ、此花区の尋常小学校をご卒業後、汽車製造工場に勤めておられる際に、6月1日の第二次大阪大空襲に遭われました。

東村さんは、戦争と平和に関する絵画を数多く制作されており、ピースおおさかにも作品をご寄贈いただいています。

小学校以来、絵を描かれたことはなかったそうですが、知人の要望で戦争体験画を手がけたことをきっかけに、今日まで絵を通じて、戦争の悲惨さと平和の大切さを表現して来られました。

迫力のある作品の数々に、参加者の皆さんは見入っていました。

DSC05613.JPG

終戦から74年が経ち、戦争を知っている方、当時を語ることができる方が少なくなってきています。

その方々の思いを汲み取り、継承、あるいは活動を補助する役割を担うことが、私たちの使命と思います。